腰痛は温めるの?冷やすの?

病気が原因となる腰痛もありますが、そのほとんどが原因がわからない腰痛。

実際に腰の筋肉が硬くなっている場合もありますが、他の部位に原因があったりストレス性のものだったり自分の中でのミスマッピングだったり、色々なことが原因だと言われています。

特に腰痛で多いのは自分の頭の中で痛みを作り出してしまう心因性の腰痛です。

ギックリ腰を一度経験すると繰り返しやすくなる、というのは痛みの記憶が引き金となり筋肉を過緊張させ、ギックリ腰を誘発してしまっている可能性もあります。

さて、心因性のものが多いとされる腰痛ですが、温めた方が良いのか、冷やす方が良いのかという質問を受けます。

今回は腰痛、温めるのか冷やすのか、という問題をみていこうと思います。

温めるのか冷やすのか

温めるのか冷やすのか、どちらが良いのか考える前に、アイシングについて少しだけ紹介します。

アイシングとは、氷が入った袋などで局所を冷やす応急処置の方法です。

PEACE&LOVE処置

腰痛に限らず、急性期のものは冷やす、ということは有名ですよね。

捻挫などでアイシング(氷が入った袋などで局所を冷やす)をした経験のある方も多いと思います。

しかし、現在のケガの処置の考えではアイシングはしないこととされています。

PEACE&LOVE処置というのは

  • Protection・・保護
  • Elevation・・挙上
  • Avoid anti-inflammatories・・抗炎症薬を避ける
  • Compression・・圧迫
  • Education・・教育
  • Load・・負荷
  • Optimism・・楽観思考
  • Vascularisation・・血流を増やす
  • Exercise・・運動

という言葉の頭文字から作られた言葉です。

以前はRICEという言葉が使われていて、アイシングが含まれていたのですが現在のPEACE&LOVEの考えではアイシングは含まれていません。

おそらく冷やすことで血流を抑制し、腫れを抑えることで自然治癒の力が弱まってしまう可能性があるからだと思います。

自分が心地よいと感じる方を選ぶ

さて、PEACE&LOVEの考えでアイシングが除外されたからといって、絶対に冷やしてはいけないのでしょうか?

ギックリ腰のような急に痛くなる急性腰痛の場合、温めると痛みが増してしまう可能性もあります。

もしかすると温めた方が治りが早いのかもしれませんが、ますます痛くなるのは困りますよね。

ということで、自分が心地よいと感じる方を選んでください。

ちなみに湿布はひんやりと感じますが、冷やしているわけではありません。

慢性的な腰痛は温める

多くの腰の痛みは慢性化した腰痛です。

腰を触ってみて熱感がなく、重だるい痛みが続いている場合は温めましょう。

基本的に身体は冷やすよりも温めてあげたほうが、何かと良いことが多いです。

慢性化した腰痛は太もも裏やお尻、背中といった筋肉が硬くなり症状が出ていることが多いです。

筋肉の硬さを緩めるのにはどうすれば良いのか。

そう考えると、選択肢は温める一択になるかと思います。

腰以外も温めてみましょう

腰を温めても良いのですが、腰よりも下にある仙骨というところの周辺やお腹、特に下腹部なんかを温めると意外と腰が楽になったりします。

腰痛だからといって、硬くなる筋肉は腰周りだけではありません。

むしろ、その周囲の筋肉の硬さによる影響が大きいのが腰痛です。

腰痛って腰部脊柱管狭窄症などで腰自体に原因がある場合もありますが、そうでないことがほとんどなので腰以外を温めると腰も楽になる、なんてことが起こります。

温めるのもそうですが、マッサージにおいても腰以外のマッサージで腰が楽になることが多々あります。

腰部脊柱管狭窄症とは

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

引用元:日本整形外科学会 腰部脊柱管狭窄症

腰のマッサージは腰を悪くする?

腰が痛いから腰を押して欲しいですが、腰だけをマッサージすると逆に悪化する可能性もあります。

特にうつ伏せでの腰のマッサージには要注意です。

うつ伏せで上から腰をグーッと押されるのは気持ちが良いものです。

しかし、うつ伏せの状態ではどちらかというと腰の骨が反っている状態で、上からの力を分散させることができません。

反り腰の人も場合ですと、余計に反りを助長することになります。

また、全身の筋肉においても同じですが、強いマッサージはオススメできません。

そのときは楽になった気がしますが、痛みを痛みで誤魔化しているだけであって、強いマッサージにより神経や筋肉は傷つきます。

感覚も鈍くなり、さらに強いマッサージにより筋肉が硬くなる悪循環になってしまうため、強いマッサージは避けましょう。

筋肉は弱い力でも十分緩みます。

腰痛といっても腰だけが悪い場合は少ないので、全身を通してマッサージを受けることをオススメします。

コルセットはほどほどに

コルセットを長期でずっと使用すると筋力低下の可能性があるので注意が必要です。

本来は体幹がコルセットの役割を担っているのですが、コルセットをずっと使っていると体幹の筋肉たちが怠けてしまうんですね。

普段は外して生活した方が将来の腰のために良いです。

腰に不安がありコルセットを使う場合は何か重いものを持ったり中腰になる機会が多い場合など、何か作業があるときだけにしましょう。

体幹の筋肉を鍛えることや、背中やお尻、太もも裏の柔軟性を高めることも重要です。

腰椎圧迫骨折などでお医者さんからコルセットの指示がある場合は、その指示に従ってください。

おわりに

今回は腰痛は温めるのか冷やすのか、という点についてみてきました。

もしもギックリ腰になったとしても、動ける範囲で動いた方がその後の経過は良いとされています。

「腰が痛いと動けない」

確かにそうですがそこでかばってしまうと脳がその痛みを記憶し、そのときの様々な感情と結びついて頭から離れなくなってしまう可能性もあります。

とはいえやっぱり気になってしまいますよね。

温めたりマッサージを受けたり、たまには自分の身体をメンテナンスしてあげてください。

関連記事

PAGE TOP