身体を温める熱の種類

今回は身体を温める「熱」についてのお話です。

そもそも「熱」とは1種類ではありません。

身体を温める熱には乾熱と湿熱、ざっくり分けて2種類の熱があります。

実は、身体を芯からしっかり温めることができるのは湿熱の方です。

では、それぞれ説明していきます。

乾燥した熱

乾熱とは、その名の通り水分を含まない乾燥した熱です。

表面はしっかり温めてくれますが、暖かさが伝わるのは表面の浅いところまで。

じんわり深部まで温めるにはちょっと物足りない感じ。

長時間、乾熱に当たっていたら温まるかもしれませんが効率がよくありませんし、低温やけどのリスクもあります。

しかし、水分を含まないため身体が濡れてしまったりとか後処理をしなくていいのでお手軽に利用することができる熱です。

カイロやハロゲンヒーター、エアコンなんかがこの乾熱です。

エアコンをずっとつけていると乾燥するのは風の影響もありますが、乾熱だったからなんですね。

お肌や喉など、身体も乾燥してしまうので冬場にエアコンを使う場合は加湿器を使うようにしましょう。

水分を含んだ熱

次は湿熱について。

湿熱とは水分を含んだ熱のことです。

乾熱とは違い、熱の伝導生が高いため身体が温まりやすいのが特徴です。

身体を芯からじんわり温めるには湿熱を使った方がポカポカしてきます。

ただ、水分を使っているため身体が濡れた状態のままだとせっかく温まったのに、水分の蒸発とともに体温も下がっていってしまうので注意が必要です。

お風呂や湯たんぽ、パラフィン浴なんかが湿熱です。

蒸気が出るホットアイマスクなんかがありますが、あれは良い商品かと思います。

乾熱と湿熱について、乾熱では優位な血流量の増加が見られなかった研究もあります。

血管の性質として気温が上がったりして体温が上がると身体から熱を逃がそうと血管は拡張します。

血管は拡張すると血流量が増加します。

この研究を見ると血流量の増加が見られなかったことから、乾熱では血管を温めるほど深部には熱が伝わらないようです。

つまり、カイロなどの乾熱では全身を芯から温めるような効果は期待できないということになります。

自宅で温活をする際は湿熱を利用したほうが良さそうですね。

高橋のInstagram

関連記事

PAGE TOP