痛み止めとの付き合い方

天気の関係などでも起こる片頭痛。

ズキズキが辛いときには痛み止めを飲んで、やり過ごしている方も多いと思います。

しかし、もし痛み止めを飲む頻度が10日以上ある場合は頭痛外来を受診した方が良いかもしれません。

というのも、痛み止めの飲み過ぎが原因となる薬物乱用頭痛というものがあるからです。

今回はそんな、薬物乱用頭痛についてみていきたいと思います。

薬物乱用頭痛とは

通常、痛み止めを飲めば片頭痛の痛みは治るはずです。

しかし、痛み止めを飲んでいるのに痛みが治らなくなってしまったら注意が必要です。

この場合、お薬の使いすぎによる薬物乱用頭痛になってしまっている可能性があります。

薬物乱用頭痛は薬局で売っているロキソニンなど、痛み止めの飲みすぎによって起こることが多いのですが、医師から処方されたお薬でも起こることがあります。

徐々にお薬の量が増えていたら要注意

片頭痛を経験したことがある方ならわかるかと思いますが、ズキズキとする痛みは日常生活に支障が出てしまうほど辛いものです。

休日ならお家でゆっくり横になることができますが、仕事中だとそうはいきません。

片頭痛発作がたまになら痛み止めを飲んでしまえば良いのですが、強烈な片頭痛が頻繁に起こってしまうと自然と痛み止めを飲む頻度も増えてきます。

「また片頭痛になってしまうのでは・・」という不安から予防のために前もって痛み止めを飲んでしまう、なんて場合もあるのではないでしょうか。

このように段々と痛み止めを飲む頻度も増えていってしまい、気づいたら薬物乱用頭痛になっていたというケースが多いと言われています。

薬物乱用頭痛の診断基準

薬物乱用頭痛の診断基準について、国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)をみてみましょう。

  • 以前から頭痛疾患をもつ患者において、頭痛は1ヶ月に15日以上存在する
  • 1種類以上の急性期または対症的頭痛治療薬を3ヶ月を超えて定期的に乱用している
  • 他に最適なICHD-3の診断がない

国際頭痛分類第3版beta版「8.物質またはその離脱による頭痛」

また、1ヶ月に10日以上痛み止めのお薬を飲んでいる場合は要注意だそうです。

治療について

薬物乱用頭痛の治療についてはこう書かれています。

  1. 原因薬物の中止
  2. 薬物中止後に起こる頭痛への対処
  3. 予防薬投与

第8章 薬物乱用頭痛

ただ、薬物乱用頭痛の確立された治療法というのはまだないそうで、重症の場合は入院することもあるそうです。

薬物乱用頭痛の治療の成功率は70%とされていて、再発もあるとのことなので良くなったとしても医師のフォローはあったほうが良いでしょう。

原因薬物を中止した後

治療にはまず、原因となった薬物を中止する必要があります。

しかし、今まで長期にわたって頼ってきた痛み止めを中止すると反動がある可能性があります。

個人差はありますが激しい頭痛(反跳頭痛)や吐き気が起こる可能性があるので、予防薬を投与したり、原因となった薬物以外で対処していきます。

また、頭痛が起こった日や処方された薬物を使った日などを日記に書いて、観察するのも効果的と言われています。

痛み止めとの付き合い方

片頭痛の痛みは辛いですが、薬物乱用頭痛にならないためにも次の点について気をつけておきましょう。

  • 予防のために前もって痛み止めを飲まない
  • 用法用量を守る
  • 月に10日以上飲まない
  • 「無水カフェイン」「カフェイン水和物」は依存性を高めるので注意
  • 使用する場合は主成分が1つのものを選ぶ
  • 飲み合わせに注意する
  • お薬は水で飲む

また、少しの頭痛では飲まないようにしたり、痛い部分を冷やして対処するなど、痛み止めに頼りすぎないことが一番大切です。

頻繁に片頭痛が起こるようでしたら、頭痛外来を受診しましょう。

鍼灸などでも緩和できる可能性がありますが、まずは頭痛外来が第一選択です。

おわりに

片頭痛の痛みはすぐにでもなんとかしたいですよね。

だからと言って痛み止めに頼ってばかりいると、薬物乱用頭痛という厄介なものになってしまう可能性があります。

また、頭痛は重大な病気が隠れている可能性もあるので、痛みが継続したり悪化したりする場合はお医者さんで診てもらいましょう。

関連記事

PAGE TOP