どうなったら更年期障害なの?

更年期になっても「私、別につらくないんだけど」という人もいます。

よく更年期と障害という言葉をくっつけて、あたかも「更年期に入ると必ず障害が起こるもの」という風な言い方をよく見かけますが、つらくない人もいます。

今回は更年期障害の定義とは何なのか、更年期に起こる症状についてみていこうと思います。

更年期はおよそ10年間

では、更年期っていつからいつまでの期間のことなのでしょう?

更年期
閉経前の5年間と閉経後の5年間、だいたい45歳〜55歳までの10年間のこと。

10年という期間を考えると症状がほとんどない方はまだいいのですが、症状が重く出ている方にとっては何も対処せず、誰にも相談しないというのはちょっと良くない選択肢です。

閉経とはどういう状態のことなのでしょうか?

「閉経」とは、卵巣の活動性が次第に消失し、ついに月経が永久に停止した状態をいいます。月経が来ない状態が12ヶ月以上続いた時に、1年間を振り返って閉経としています。

日本産科婦人科学会 更年期障害

つまり、無月経の状態が1年以上続くと閉経となります。

また、1年以上の無月経ということ以外にも、エストラジオールと卵胞刺激ホルモンといった女性ホルモンが低下しているかどうかも診断基準となっています。

様々な変化が訪れる期間

10年間の更年期と呼ばれる期間に

  • 加齢による身体的変化
  • 仕事や人間関係などの環境変化
  • 女性ホルモン低下による変化

このように、様々な変化が訪れるのが更年期という期間です。

身体が変化する以外にも仕事をしているなら責任者になっている可能性が高い年齢ですし、子供がいる場合は子供が成人して1人立ちする時期かと思います。

ちょうど身体の変化が訪れるのと同時期に環境の変化も訪れやすいため、更年期に起こる症状には様々な要因が考えられます。

女性のライフステージの中でも変化が盛りだくさんの時期が、更年期です。

更年期障害と更年期症状

更年期に入った女性、全ての人が更年期障害になるわけではありません。

更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。

日本産科婦人科学会 更年期障害

症状があるけど、日常生活に支障がなければ「障害」とはなりません。

鑑別が必要な病気

更年期では、様々な症状が起こる可能性があります。

その症状全てが、女性ホルモンの低下など身体が変化することが原因の場合もあるし、更年期ではなく他の病気が原因となっている場合もあります。

更年期の鑑別疾患

これらの病気の他にもメニエール病、腰痛症などの病気との鑑別が必要になります。

更年期には様々な症状が起こる可能性があります。

しかし、何でもかんでも更年期というわけではない、ということは頭の片隅に入れておきましょう。

とはいえ、全ての症状をしらみつぶしに検査していったらキリがありません。

処方される薬もどんどん増えてきてしまいます。

更年期障害を取り扱っている病院では、その症状が本当に更年期から来るものなのか鑑別してくれますし、しばらく治療を続けてみて、変化がないようなら更年期障害以外の病気を疑います。

まずは婦人科へ相談しに行ってみましょう。

全ての人が日常生活に支障があるわけではない

更年期障害に障害がつくかどうかは、日常生活に支障があるのかないのかで分かれます。

更年期=障害というイメージを持っている方も多いかと思いますが、必ずしも全ての人に当てはまる言葉ではありません。

まれに「更年期は怖い」と恐怖を煽るような広告を見かけますが、そのような広告は正しい広告ではありません。

更年期=障害というイメージをなくすためにも、更年期に入るもっと前の段階から「全ての更年期が障害となるわけではない」ということを知っておくと良いかと思います。

更年期に起こりうる症状

更年期に起こる症状はたくさんあります。

その中の一部をご紹介します。

更年期に起こりうる症状

「え、こんなにあるの?」と驚いてしまうかもしれません。

しかし、これらが全て起こるわけではなく、全く出ない場合もあります。

覚えておいて欲しことは、更年期が近くなり身体の変化を感じてきたら、まずは婦人科を受診しましょうということです。

症状が複合して起こる場合もあるため、原因を突き止めようとたくさんの病院を受診される方がいますが、実は婦人科でホルモン補充療法をするだけで身体や精神が楽になった、という事例も多々あります。

おわりに

更年期といっても全てが障害にならない、ということがわかったでしょうか。

もしもあなたが日常生活に支障が出ている場合は、まずは更年期を取り扱っている病院へ相談しに行きましょう。

日常生活に支障というのは「最近ちょっと仕事に集中できなくなった」などのちょっとしたレベルでも、相談しに行って大丈夫です。

まずは独りで抱え込まないことが大切です。

我慢せず、無理をなさらずに、自分の身体と向き合っていってくださいね。

関連記事

PAGE TOP