睡眠で身体の疲れを癒す成長ホルモンについて

寝ているとき、なぜ身体のダメージ(疲れ)が回復するのか。

これは成長ホルモン(以下、しばらくGHと表記)という物質が、脳の下垂体前葉というところから分泌されるからです。

今回はそんなGHについて、みていきたいと思います。

成長ホルモンの分泌はどこから?

GHはまず、脳の視床下部というところから成長ホルモン放出ホルモン(以下、GHRH)というホルモンが分泌され、GHRH分泌を受けて脳の下垂体前葉から分泌されます。

ややこしいですね。

成長ホルモンの分泌経路

脳から分泌されるホルモンはこのように、まずはきっかけとなるホルモン(GHの場合はGHRH)が分泌されてから分泌されるようになっています。

なんでこんなややこしい分泌の仕方なのかというと、きっかけとなるホルモンが身体に作用するホルモンの分泌量をコントロールしているからです。

「ホルモンを分泌して」とか「ホルモンの分泌ちょっとストップ」といった指令を出しているイメージをしていただけると、わかりやすいかと思います。

成長ホルモンの作用の仕方には2つある

GHの作用にはGHによって直接作用するのと、間接的に作用するのに分かれます。

この、間接的に作用するときに介するのが、インスリン様成長因子1(以下、IGF-1)というホルモンです。

インスリン様、という名前の通り、インスリンに似た構造を持つそうです。

IGF-1は分泌されたGHが肝臓にいくことで作られます。

GHの直接作用

では、GHの直接作用についてみてみましょう。

  • 脂肪の分解
  • 骨の成長促進
  • タンパク質の合成促進
  • 電解質の調整
  • 糖の取り込み抑制
  • グルコースの血中放出促進

身体を発達させる作用もありますが、糖の取り込みを抑制したり血中のグルコース濃度を上げることから、インスリンとは逆の作用がある、ということが特徴的ですね。

IGF-1を介した作用

IGF-1を介した作用はどうでしょうか。

  • 脂肪の分解抑制
  • 骨の成長促進
  • タンパク質の合成促進

どうやらIGF-1はGHよりも、骨や筋肉を成長させる作用が高いようです。

また、インスリンと同じような作用があるのが特徴的ですね。

代謝に対する作用

GHもIGF-1も身体を成長させる作用があります。

簡単にいうと、同化は合成、異化は分解といった意味です。「じゃそう書けよ」と思うかもしれませんが、生理学など身体に関する本を読むとこのような言葉が出てきたりしますので、覚えておくと良いかもしれません。

成長ホルモンの働き

作用についてみてきましたが、具体的にはどんな働きがあるのでしょうか。

  • 肌の弾力、張りなどの改善
  • 筋肉を作る
  • 丈夫な骨を作る
  • 性機能の改善
  • 免疫システムを整える
  • コレステロールの代謝改善
  • 記憶力の改善
  • 情緒を安定させるなど

このような働きがあります。

まさに、アンチエイジングには欠かせないホルモンと言えますね。

成長ホルモンの働き

成長ホルモン分泌のピーク

成長ホルモンは小さい頃にしか分泌されないイメージがありますが、そんなことはありません、大人になってもずっと分泌されるホルモンです。

とはいえ、成長ホルモン分泌のピークは20歳くらい。

そこからは下降線で30歳あたりだとピークの約半分、40歳以降はピークの約1/5にまで落ちます。

いつまでも元気でいたいし、見た目も若々しくありたいのに、なんて残酷な現実。

しかし、加齢による成長ホルモン分泌減少は避けられませんが、それでも増加させる方法はあります。

成長ホルモンの分泌を促す方法

成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されます。

1日の身体のダメージを回復させるために睡眠中に多く分泌されるとは、身体はうまくできていますね。

特に分泌量が多いとされているのが、入眠後の最初のノンレム睡眠時(深い眠り)です。

睡眠の質が悪くて朝起きると身体がだるい、なんて状態になるのは成長ホルモンがしっかりと分泌されず身体の回復が追いつかないことも原因と言えます。

逆に睡眠の質を悪くするような行動をとらなければ、成長ホルモンはしっかり働いてくれます。

成長ホルモンを促す行動

また、食後にすぐに寝てしまっても成長ホルモンの分泌が妨げられてしまうようなので、食事は寝る4時間ほど前に終わらせておくのが良いでしょう。

おわりに

睡眠不足だと成長ホルモンがしっかり分泌されないばかりか、高血圧や糖尿病などの病気のリスクが上がるとも言われています。

睡眠不足で何一つ良いことがありません。

睡眠を削るということは命を削るということなのかもしれませんね。

遅くまでパソコンやスマホで作業をしたり深酒をしたり、睡眠を阻害することは簡単です。

しかし、長く元気でいたいのであれば睡眠を阻害するような行動は避けたほうが良いでしょう。

美容面でも同じことが言えます。

外面からアプローチすることも大切ですが、それよりも大切なのが内面からのアプローチです。

キレイになりたい、ボディメイクしたいなどの考えがあるのであれば、成長ホルモンがしっかり分泌されるような行動をまずは心がけたいですね。

今回は成長ホルモンについてのお話でした。

関連記事

PAGE TOP