温活が必要な理由

今回はみんな大好き「温活」のお話です。

僕自身も冷えを感じることがあるため、温活は大好きです。

では、身体を温めるとどんな良いことがあるのでしょうか。

体温が高いメリット

まず1つは免疫能が挙げられます。

体温別の身体の変化というのがあるのですが

  • 36.5度~37度=ベストコンディション
  • 36度=もう一声欲しい。たまに震える
  • 35.5度=ずっと続くとアレルギーが出たり、体調が悪くなる可能性あり
  • 35度=ガン細胞が活発になる
  • 33度=幻覚が見える
  • 30度=意識がなくなる

女性の話を聞くと35度代という方が多く、冷えや生理不順、感情の浮き沈みなど様々な問題を抱えている方が多い印象です。

免疫能だけでなく、様々な身体の不調と関わるのが基礎体温。

どうやら低いよりは高い方が良さそうですね。

ちなみに僕は36度3分なので、確かにたまに震えます。

もう1つは基礎代謝量。

基礎体温が上がる、ということは筋肉量が増えたという風にも考えられるので単純に体温が上がれば基礎代謝量が上がるとは言い難いのですが、代謝量も変化してきます。

いわゆる痩せやすい体質ですね。

また、ミトコンドリアが活性化するとの話もありますが、この辺りはちょっとまだ勉強しておりませんのでなんとも・

あともう1つは血流が挙げられます。

冷えというと血行不良というイメージがあるかと思いますが、温めることにより血管を拡張させ巡りを良くすることができます。

民間療法の温熱は無意味ではない

さて、こう見てみると根本的な温活をするには体質改善、つまり筋量のアップと冷えない食生活、ストレスとの付き合い方など色々とありますが、一時的な温活は無意味なのでしょうか?

例えば岩盤浴や当店でも行う遠赤外線のヒートマット。

身体を温めるだけでなく発汗させることで汗腺を刺激し、汗をかく機能を身体に思い出させるなんて効果もあります。

温熱器や温石トリートメントなどはどうでしょうか。

リンパや経絡という身体の流れを意識した施術を行うことで巡りを良くし、お血(血の滞り)の解消にも効果的です。

このように日常生活の改善にプラスして温活を行う施術を受けることで、より身体の状態を良い方へ導くことができます。

不調になりにくい身体を手に入れるためにも、上手に温活施術を取り入れてみてくださいね。

高橋のInstagram

関連記事

PAGE TOP