注意が必要な腰痛の症状

姿勢や日常生活のくせ、身体のアンバランス、病気ではない内臓の不調なんかで起こる腰痛のことを非特異的腰痛と言います。

病院へ行っても原因がハッキリしない腰痛のことです。

腰痛のほとんどはこの、非特異的腰痛なのですが中には病院へ行くべき注意が必要な腰痛もあります。

注意が必要な腰痛とは

このような注意が必要な腰痛のことを特異的腰痛と言います。

非特異的腰痛と違って原因がハッキリしている腰痛のことです。

注意が必要な症状としては

  • 安静にしていても痛みが引かない
  • 突然痛くなる
  • 足に力が入らない
  • 足が痺れている
  • 排尿・排便障害がある
  • 発熱を伴う
  • 腹痛を伴う
  • 痛みがひどくなる

などが挙げられます。

このような症状があっても重篤な病気が見つかる人は少ないようなのですが、検査は受けた方が良いでしょう。

腰の骨の問題であったり、細菌性のものや内臓の病気によって腰痛が起こることもあります。

これらの腰痛は非特異的腰痛と違い原因がハッキリとしているので、その原因となっている部分を治療すれば痛みは治る可能性があります。

可能性がある、というのは痛みが残る場合もあるからです。

例えば腰の手術をした方で、確かにする前よりは痛みが減ったけど、やっぱりまだ痛いなんて方もいます。

この原因は、もしかするとオペ後の後遺症かもしませんし、一回痛いと脳に記憶されてしまったためかもしれません。

つまり、原因となる部分を取り除いても痛みが残る可能性はどうしてもあるのです。

ただ、非特異的腰痛と違って特異的腰痛は日常生活での支障が大きかったり、内臓の病気が隠れていた場合だと命に関わる可能性もあるため、腰痛を取り除くためというよりも身体のために検査や治療は必要になります。

もしも

  • 安静にしていても痛みが引かない
  • 突然痛くなる
  • 足に力が入らない
  • 足が痺れている
  • 排尿・排便障害がある
  • 発熱を伴う
  • 腹痛を伴う
  • 痛みがひどくなる

このような症状がある場合はマッサージを受ける前に病院で検査を受けましょう。

ただ、重複してしまいますがこのような症状があったからといって100%病気が隠れているというわけではありません

過剰な心配から腰痛が悪化する場合もありますので冷静に判断しましょう。

高橋のInstagram

関連記事

PAGE TOP