更年期の期間ってどのくらい?

更年期だ更年期だ、といっても大体いつ頃のことを更年期というのかご存知でしょうか?

今回は更年期の期間についてのお話です。

更年期の定義

更年期の定義
閉経前の5年間と閉経後の5年間、だいたい45歳~55歳までの10年間のことを更年期という。

10年間って結構ありますよね。

10年という期間を考えると、症状がほとんどない方はまだいいのですが、症状が重く出ている方にとっては何も対処せず、誰にも相談しないというのはちょっと体も心もキツくなるかと思います。

更年期で起こる様々な症状は、体の視点から見ると閉経が近くなり卵巣機能低下から女性ホルモンの変化が起こるためです。

閉経の定義

では、閉経というのは、どのようなことを言うのでしょうか。

閉経の定義
卵巣の活動性が次第に消失していき、月経が永久に停止した状態をいいます。月経が来ない状態が12ヶ月以上続いた時に、1年間を振り返って閉経としています。

日本産科婦人科学ではこのように定義しています。

無月経の状態が1年以上続くと閉経ということになるんですね。

途端に閉経ということになるのではなく、卵巣機能が低下していき月経が乱れるということが徐々に起こってきます。

また、1年以上の無月経ということ以外にも、エストラジオールと卵胞刺激ホルモンといったホルモンが低下しているかどうかも診断基準となっています。

色々と変化のある時期

体の変化以外でも10年間の更年期と呼ばれる期間には環境も変化しやすい時期と言われています。

  • 加齢による身体的変化
  • 仕事や人間関係などの環境変化
  • 女性ホルモン低下による変化

このような様々な変化が訪れるのが更年期という期間です。

身体が変化する以外にも仕事をしているなら責任者になっている可能性が高い年齢ですし、子供がいる場合は子供が成人して1人立ちする時期かと思います。

女性のライフステージの中でも変化が盛りだくさんの時期が更年期です。

まとめてみると

更年期・・およそ10年間

ということです。

その後の人生にも影響を与えると言われている更年期。

辛い症状を我慢せずに、まずは相談することが大切です。

高橋のInstagram

関連記事

PAGE TOP