活性酸素の種類

美容や健康の観点から特に嫌われている活性酸素。

老化の原因にもなりますしさまざまな病気の原因にもなります。

今回はそんな活性酸素のお話です。

活性酸素の発生

活性酸素は呼吸で取り入れた酸素をミトコンドリアがエネルギーに変えるときに発生します。

つまりストレスや紫外線、喫煙なんかとは関係なく、呼吸をするだけでも発生するものです。

しかし、人間にはその活性酸素を還元(害のないものに変える)する能力があります。

基本的にはそのような能力があるため呼吸程度の活性酸素は何とかなるのですが、生きていたら活性酸素を発生させることがたくさんありますよね。

ストレス・食品添加物・アルコール・喫煙・睡眠不足・紫外線・・あげたらキリがありません。

人間の体内で1番多い活性酸素はスーパーオキシドラジカルという活性酸素なのですが、これが変化したものが酸化力が強いヒドロキシラジカルです。

ヒドロキシラジカルが様々な不調を招く憎むべきもの、とされていますが無害な物質となって身体の外に排出されることも多いようです。

活性酸素も必要

そもそも活性酸素そのものはウイルスなんかが身体に入って来たときに免疫細胞たちの補助をしたり、肝臓が化学物質を無毒化するときにも使われます。

100%悪者ではありません。

それでも、様々な酸化ストレス要因があるため、身体は還元するのが追いつかなくなりヒドロキシラジカルなんかが悪さをして不調となって現れます。

活性酸素が発生する要因がたくさんある世の中なんですね。

なので抗酸化作用のあるサプリメントを摂取して、身体を助けるということも必要かと思います。

ビタミンEやC、ポリフェノールなどなど。

厚生労働省のイージムというサイトでは抗酸化サプリメントに対して警鐘を鳴らしていますが、個人的にはサプリメントを活用するのはありだと思っています。

酸化ストレスが多い社会ですが、うまく活性酸素から身を守りたいですね。

高橋のInstagram

関連記事

PAGE TOP