身体のバランスをとる足裏のメカノレセプター

腰が痛いときは腰、肩が痛いときは肩といった具合に人間は辛いところに意識が集中してしまいます。

しかし、その辛いのを何とかしようと、その部分だけをマッサージしたりストレッチしたりしてもなかなか良くはなりません。

その筋肉に過負荷がかかってしまっている原因が他の筋肉にあったり、姿勢の問題、感情、記憶、病気などなど様々な原因が考えられるのですが、今回ご紹介するメカノレセプター(機械受容器)というのは姿勢にも関わってくる大切なセンサーです。

足裏に多いメカノレセプター

メカノレセプターというのは身体の筋肉や腱、靭帯や関節包なんかに存在する、身体のバランスを保つためのセンサー。

そんなメカノレセプター、特に多いのが足裏です。

高齢者の方が転びやすいのは筋力低下もありますが、普段動くことが少なくなり、この足裏のメカノレセプターへの刺激が少なくなっているからとも言われています。

センサーの感度が鈍ってしまっているということですね。

また、高齢者に限らず今は足裏のメカノレセプターへの刺激が少なくなっています。

素足で地面を歩くことはほとんどありませんし、デスクワークでそもそも歩く頻度が少なかったりヒールで重心が崩れたり、様々あります。

メカノレセプターの感度が落ちることによりバランス能力が落ちると普段の姿勢にも影響を及ぼす可能性もありますし、そうなるとある筋肉の過負荷へと繋がり、コリや痛みが発生します。

メカノレセプターを働かせる

ではどうしたらメカノレセプターがしっかり働いてくれるようになるのか。

まずは足底の筋肉の緊張を緩めてカカト・母指球・小指球の3点のバランスを整えて、足の指をしっかり動かせるようにすることが大切です。

セルフケアとして竹踏みやゴルフボールなんかを使用して足裏の筋肉を緩めてあげると良いかと思います。

また、リフレクソロジーもおすすめです。

i-BALANCEの足ツボ整体ではクリームを使って足裏を刺激し、メカノレセプターの多い部分もしっかり刺激していきます。

足裏の筋肉は背中や首なんかとも繋がりがあるため、足ツボの後に前屈すると前よりも柔らかくなっていたりします(アナトミートレイン)

たまには全身のマッサージの前に足裏もケアしてみてはいかがでしょうか。

高橋のInstagram

関連記事

PAGE TOP