更年期はみんな障害なの?

更年期障害だ更年期障害だ、といっても更年期に入った全ての方に「障害」という診断名が当てはまるわけではありません。

「更年期障害」となるかは、日常生活に支障があるのかないのかで分かれます。

更年期はみんなが障害になるわけではない

更年期=障害というイメージを持っている方も多いかと思いますが、必ずしも全ての人に当てはまる言葉ではありません。

まれに「更年期は怖い」と恐怖を煽るような広告がありますが、そのような広告は症状を増悪させてしまう可能性もあるので不安を煽るビジネスの仕方はやめてもらいたいものです(僕らの業界でも不安を煽るような表現が見受けられるので、僕も注意したいと思います)

僕自身、性別が男なため女性と同じ更年期を体験できるかと言ったら体験できないでしょう。

しかし、更年期について調べれば調べるほど、勉強すればするほど怖がる必要がないものだとわかります。

更年期=障害というイメージをなくすためにも、更年期に入るもっと前の段階から「全ての更年期が障害となるわけではない」ということを知っておくと良いかと思います。

閉経して起こりうる身体の変化

とはいえ、閉経など体に変化が起こるのは事実。

それに伴い様々な症状が起こる可能性があります。

その中の一部をご紹介すると

ほてり・のぼせ・動悸・めまい・冷え・頻脈・頭痛・耳鳴り・ホットフラッシュ・乾燥・肩こり・腰痛・背中の痛み・頻尿・便秘・下痢・吐き気・食欲が出ない・疲れやすい・落ち込みやすくなる・イライラする・不眠・むくみ・などなど、、

このように、更年期に起こる症状には様々な種類があります。

しかも、どれか1つだけの症状が出るわけではなく、複合して出る場合もあります。

複合して症状が出るため、原因を突き止めようとたくさんの病院を受診される方がいますが、実は女性ホルモンの低下が原因であって、婦人科でホルモン補充療法をするだけで身体や精神が楽になった、という話もよく聞きます。

しかし、これだけ症状が出る可能性があると、どうしたらいいか不安になりますね。

症状が出ない可能性もあるし、どれか1つだけの場合、複合する場合など症状の出方には個人差が大きくあります。

当店では血液検査などはできませんが、更年期症状がどの程度出ているかチェックするSMIと呼ばれる簡単なテストもできますので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

高橋のInstagram

関連記事

PAGE TOP